フタバから遠く離れて

Facebook公式アカウント
Twitter公式アカウント
自主上映会のご案内
フタバから遠く離れて

News 最新情報

2013年3月の記事

東海村が揺れている・・・  舩橋淳

2013年3月25日

idogawa-murakami2.jpg
screening^hitachi2.jpg

3月8日に茨城県日立市で、20日に水戸市にて「フタバから遠く離れて」の上映会があった。

日立には、井戸川前双葉町長と東海村の村上村長が、
水戸には、僕・舩橋が参加し、上映後のトークを行いました。
(報道はこちら: http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20130321ddlk08040073000c.html

スタッフの方に教えていただいたのだが、この頃茨城を震源とする地震が多いそうだ。21日も午後に茨城県北部を震源とする地震(M4.8) があったけど、18日は東海村が震源の震度4(M4.5)の地震があったそうだ。まさしく東海村の原発の真下である。

幸い東海第二原発はずっと停止中だ。しかし、震災時、津波は防潮堤際70センチまで迫り、福島第一のような全電源停止の恐怖がすぐそこまで来ていたということは、まだ誰の記憶にも新しいと思う。

東海村は、いま再稼働に揺れている。
村上村長があれだけ脱原発を鮮明に打ち出しているのだから、大丈夫だろうと、高を括っていた自分が迂闊だった。上映会に行って、地元の方々の話を聞くと、実は東海村議会の半数以上が再稼働に賛成なのだ。賛成9,反対7,保留2。(この保留2は公明党)村上村長もこの頃元気がなく、失望を感じているそうだ。

首都圏に最も近い原発がこのような事態になっているとは思いもしなかった。

これだけの事故があり、放射能の恐怖に晒されながら、なお再稼働を後押しする議員は村の経済・雇用、そして個人の利権に突き動かされている。小さな町村がいまもなお、目の前の問題として原発と向き合っていかなければいけない切迫感をひりひりと感じた。

原発とはたかだか30〜40年の話であり、いったん事故が起きれば、それまで1000年以上培ってきた地元の歴史も失われ、これから未来に続く家系をも断絶する。今、目の前の雇用と経済がある時そんな俯瞰した視点になんか立てない、という根源的な問題がそこにある。

これは人間の限界なのだろうか。そうは思いたくない。

福島の事故から何も学ばなければ、地方経済の負の連鎖は、さらに拍車が掛かるだろう。それを止めるのも、ずるずるとなし崩しで認めるのも、僕たちの決断に掛かっている。

「フタバから遠く離れて」は、原発立地市町村での上映を続けていきたいと思う。

東海村の村民を集めた上映会もやりたいし、来月には上関原発のお膝元・山口でも上映を予定している。

地方で原発について考える、きっかけとしてこの映画を利用してもらうのが、一番いいと考えている。

カテゴリー:未分類

3月28日「新文芸坐」にて上映&トークショー!

2013年3月18日

“気になる日本映画達<アイツラ>2012【PART2】”と題された新文芸坐の特集上映にて「ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳」と二本立てで上映され、上映後に舩橋淳監督と長谷川三郎監督によるトークショーも実施されます!

カテゴリー:未分類

WOWOW で放送 されます!

2013年3月8日

東日本大震災からちょうど2年。WOWOW の
「ドキュメンタリーが見つめた東日本大震災」の特集で放送されます。

3月12日(火)夜11時から

http://www.wowow.co.jp/pg_info/wk_new/007574.php

カテゴリー:未分類

【東日本大震災から2年 特別企画】「フタバから遠く離れて」上映 & 菅直人元首相 x 舩橋監督トーク!

2013年3月2日

 「いまこそ語る福島原発事故」

今回の福島原発事故を日本政府のトップの立場から見続けてきた菅元首相と、避難所で避難民といっしょに「遠く離れたフタバ」の原発事故を見続けきた舩橋監督。二つの視点から2年前のあの事故を見つめ直し、今だから語れる真実、原発避難の本当の問題について、とことん掘り下げます!原発ゼロを掲げ、様々な場で再生可能エネルギーを推し進めてきた元首相の今後の展望もうかがいます。

NaotoKan.jpg

国会事故調などいくつかの事故調査報告を読んできました。それでもどうしても分からないことがある!菅さんにはたっぷりお話を聞いて、今回の原発事故の根本的な問題を掘り下げてみたいと思う。2年が経つ今日でもフタバの人々の避難生活は続いています。おかしいと思います。なぜ福島を救済できないのか、被ばくの安全基準をごまかすのか。なぜ原子力ムラは強固な権益集団で動かし難いのか。なぜ次の時代に向けたエネルギー議論がオープンにできず、建設的なシステムを日本は作れないのか。市民の言葉で、シンプルにつっこんでいきます!」  (舩橋淳より)

とき:

3月10日(日)

11:30~   受付開始・開場
12:00~13:30 菅直人元首相x舩橋監督トーク
13:50~16:30 「フタバから遠く離れて」上映   

場所:    

映画美学校 1F  特別会場 

東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 1F (オーディトリウム渋谷同ビル)
  
料金:   
500円   トーク
1200円 「フタバから遠く離れて」鑑賞 (2Fオーディトリウム渋谷にて)

(トークに参加された方は、一般1500円のところもれなく前売り料金の1200円に割引させていただきます。イベントの半券をお持ちであれば、別日(3月11日~15日)でも前売り料金で鑑賞いただけます)

定員:   
60人
(定員に達し次第受付を終了致します/満席の際はご入場頂けない場合もございますので予めご了承下さい)   

お問い合わせ:
オーディトリウム渋谷 TEL: 03-6809-0538 info@a-shibuya.jp

◇ゲストプロフィール◇

菅直人  (かん なおと)
1946年山口県宇部市生まれ。 東京工業大学理学部応用物理学科卒。衆議院議員。民主党最高顧問。閣僚としては厚生大臣 、財務大臣 、内閣府特命担当大臣(科学技術政策担当、経済財政政策担当)、内閣総理大臣(第94代)、党職としては社会民主連合副代表、新党さきがけ副代表、民主党代表(初代・第3代、第8代)などを歴任した。「再生可能エネルギー促進はライフワーク」とし、自然エネルギー研究会を牽引してきた。著作は 『東電福島原発事故総理大臣として考えたこと』 (2012年10月)など多数。現在、東京都東京都内に、母、妻と在住。

舩橋 淳 (ふなはし あつし)
1974年大阪生まれ。東京大学教養学部卒業後、ニューヨークで映画製作を学ぶ。以降、日米両国で作品を監督し、「echoes」「ビッグリバー」「谷中暮色」などを公開。2012年には初のドキュメンタリー『フタバから遠く離れ』がベルリン国際映画祭でプレミアされ、現在も世界各地で公開中。2012年度キネマ旬報文化映画第7位。同名著作『フタバから遠く離れて』(岩波書店)では映画の製作過程についてやその中で感じたことなど、井戸川前双葉町長へのロングインタビューが収録されている。4月には劇映画『桜並木の満開の下に』(主演臼田あさ美、三浦貴大)が公開予定。

カテゴリー:未分類